自己破産について

自己破産について

どうしてもお金を返すことができなくなると、最終的には自己破産申請をすることになります。
ローン、とか、お金を借りる、という話題の時には、必ず出てくるこの言葉。漠然と「金融、経済的に制限される」ということは分かっていますが、実際はどういうものなのでしょうか。
自己破産をしようと思ったら、まずは弁護士の所へ行って自己破産したい旨を伝えます。
すると、弁護士は裁判所に「破産申立書」を提出します。裁判所はこの書類を受け、「免責許可」というものを発行します。
これで借金をゼロにすることができます。所有する土地や建物といった財産はなくなりますが、無一文というわけではなく、裁判所で定める財産、例えば20万円以下の預貯金といったものは、手元に残ります。
先程もお伝えしたように、本人は、通称ブラックリストに名前が掲載され、一定期間、借り入れやクレジットカードの利用ができなくなります。
また、警備員や士業(弁護士や司法書士など)といった職業には、一定期間就けません。
自己破産の手続き開始後は強制的に資産を取ることはできなくなりますので、闇金といった違法業者からお金を借りて、脅迫といった違法な取立てに悩んでいるなら、早急に手続きをすれば、有効な解決方法の一つにもなります。