ブラックリストは永遠か!?

ブラックリストは永遠か!?

世間で言う「ブラックリスト」。おそらく、本当に真っ黒なリスト、と思っている人はいないと思いますが(笑)。
金融業者の間で言うブラックリストとは、いわゆる「事故情報」のリストのことです。過去に返済遅滞や返済不履行、破産といった公の金融的なトラブルを起こした人が載っています。
多重債務者もこのトラブルに該当し、世間ではブラックリストに載っている、という表現をします。ブラックリストに載る理由としては、長期間や複数回の返済の遅れ、保証人による返済、自己破産・民事再生・任意整理といった債務整理などが挙げられます。
さて、このブラックリスト、一度載ってしまうと、一生消えないのか、というとそうではありません。
ブラックリストは、一度載ると5年から10年程度登録されています。
5年と10年じゃあかなり違う、とお思いでしょうが、金額や、トラブル内容によって、掲載期間が変わるようです。
ブラックリスト自体、各業界で水面下に存在するものですので、詳細もモチロン、水面下。実際のところはかなりグレーな感じですので、一般の人には全くわからないようになっています。
出来れば、どの業界のブラックリストにも載りませんように、お気をつけください。