サラ金街金闇金

サラ金街金闇金

貸金と聞くと、サラ金、街金、闇金、といった言葉が思い出されます。
サラ金って、最近はあまり聞くことはありませんが、このサラ金のサラとは、「サラリーマン」のこと。元々は1970年代に登場した、サラリーマン向けの中小貸金業者のことを指します。現在一般的に言われている消費者金融と同じように、お金を貸すことを生業としていますが、詳しくどこが違うかというと、「利息の上限の設定の仕方」が違います。銀行系カードローンの会社などは、利息上限法というものを用いますが、サラ金業者は、出資法という法律で決められます。これ以上は、借りる側にはあまり関係がありませんので、サラ金の説明はこのくらいにしておきます。
さて、ちょっと、というかかなり厄介で気をつけなければいけないのが、街金と闇金の違いです。一見すると、素人には全く違いがわかりません。闇金というと、ズバリ、「あちらの方々」です。が最近は、闇金とは言えわかりやすくドスを効かせた方はおらず、借りるまではソフトな営業で、ソフトな対応、親切丁寧です。そこで、実際借りるのを検討する際に重要なのが、前出の「会社についてしっかり調べる」という作業になります。これを欠いて安易に街金にお金を借りると、取り返しのつかない自体になるかもしれません。