街金ブラックリスト対象者になってしまった時にお金を借りる方法

ブラックリストに載ってしまった!

ちょっとした現金の準備がスグにできることで、最近ではもう一般化しているカードローンです。
面倒な手続きもなく、シンプルな申し込みで、即審査、即借り入れも可能
更に、借り入れも返済も、街角に沢山設置されている、ATMで即可能、と、まぁ、本当に便利の一言。というわけで、銀行を始めとする金融機関や、クレジット会社、消費者金融と、あらゆる”お金”を生業とする会社がこのカードローン商品を扱うようになりました。
普段つかている銀行のATMに行くと、カードローンの説明が画面上に出てきて、「あ、ここの銀行でもカードローンやってるんだ」と気づいたことがある人も多いことでしょう。
ただ、気をつけたいのが、多重債務。自転車操業的に、次から次へと、複数のカードローンに手を出してしまうと、最後には、ブラックリストに載ってしまいます。こうなってしまうと、もう次にお金を借りるのは至難の業。
となったとき、どのようにしたら良いのでしょうか
。正に八方塞がり、かと思いきや、実は、街金なら、お金を借りられることもある、というのをご存知でしょうか。
もちろん使わないに越したことはありませんが、これさえ知っていれば、万が一の時の、頼もしいお守りになるはずです。

カードローン

それでも現金が必要なときの街金

街金とは、法的には、消費者金融の一種です。
街金と聞くと、一瞬「あちら(闇金)の方ですか・・・?」と思ってしまいますが、基本的にはそうではありません。
大手の消費者金融と違い、中、小規模の消費者金融です。
主に、個人消費者や、中小企業を相手に貸金業をしています。
他の消費者金融と同様に貸金業協会に加盟しているところであれば、まずは公に認められた貸金業者となります。
街金では、他の大手消費者金融と同じように、銀行振込でお金を貸す他にも、現金で借りることができるところもあります。
小規模ですので、現金の準備には柔軟に対応してくれるようです。一般的な街金では、他の銀行系カードローンや消費者金融に比べて、高い金利を設定しているところが多いのが特徴です。また短期間での返済を設定しているところが多いので、安易に契約をしてお金を借りてしまい、後で気づいたら、返済額が膨大に膨れ上がっていた、というトラブルもよく聞きますので、十分注意が必要です。
手続きは、他の金融業者とさほど変わらず、申込書と身分証明書で借りられる、というのが一般的です。審査はありますが、大手に比べると緩く、結果、ブラックリストに載っていても借り入れが可能となります。

街金なら、どうしてお金を借りられるのか?

一昔前に比べると、中、小規模貸金業者、街金と呼ばれる業者は随分と減ってしまいました。
それは一つに、貸金業法が改正されたことによります。
平成18年に、貸金業法が制定され、貸金業者は、利息制限法という法律の元、法律で定められた上限金利以下で貸し付けをしなければいけなくなりました。
これは、中、小規模の貸金業者にはかなりハードルが高くなり、その結果、貸金業を廃業する街金が増え、街から街金が減ったという経緯があります。街金にとって、利息制限がかかってしまうのは、相当応えることだったのでしょう。
ただそれでも、未だ街金として、頑張っている貸金業者はいるわけですので、ブラックリストに載っている方でも、可能性がある、ということになります。
ちなみに、貸金業法でもう一つ、配偶者貸付。これも、お金を借りたいという人には便利な言葉です。
これは、お金を借りる時に、夫婦の年収の合計を合わせた金額の1/3を限度にお金を借りられる、という制度です。
こちらは、主にカードローンの借り入れの際使える仕組みです。あなたがもし、自分の収入だけで借り入れをしてたら、まずはこちらでも借り入れが可能かどうか、検討してみるのも良いでしょう。

貸金業法について

お金を借りる際関係してくるけど、実は知らない人が多いという貸金業法について、少しお話したいと思います。
お金を貸す業種には、大きく分けて2種類あります。
一つは金融機関。これは銀行や信用金庫、労働金庫といった類です。
もう一つが消費者金融。大手のカードローン会社やクレジットカード会社、街金などがこれです。
貸金業法は、後者の消費者金融が関係する法律です。
平成18年に施行開始され、平成22年まで段階的に進み、平成26年に改正がされました。今では、消費者金融の中でも健全な経営を行っていると国から(内閣総理大臣から)認められた会社は、認可貸金業者とされていますので、消費者金融の中でも大きく2つの種類となります。
一概に全ての、とは言えませんが、一般的には、審査基準でみると、
厳しい順金融機関>認可貸金業者>一般貸金業者
となり、
金利が低い順で言うと、一般貸金業者>認可貸金業者、金融機関、という傾向のようです。
ブラックリストに載ると、金融機関では借りるのは難しくなりますが、一般貸金業者なら、可能性もあります。
どちらかといえば、中、小規模な会社の方が、現行の貸金業法でも、借りれる可能性があるため、街金なら、ということになります。

街金で借りる前に知っておこう

ブラックリストに入っていてもお金が必要、そんな時に街金でお金が借りられることを知って、早速!のその前に、これからお話することに十分注意しておく必要があります。
まず、初めて街金を利用するときは、必ずその会社について調べておく必要があります。
ホームページなどに日本貸金業協会の登録番号があれば、それが正しいものかどうか、実際に日本貸金業協会のホームページで確認をすることができます。
更に、所在地や連絡先正しいかどうかも、調べられますので、貸金業として適正な合法的な会社かどうか、問題がないか、はっきり言ってしまうと、ヤバイ会社ではないか、というのをしっかり調べておく必要があります。
これは、契約前に必ず行っておきましょう。一般的な大手の、全国的にもよく知られた貸金業者とは違い、街金というミノをかぶった闇金も紛れている場合があります。お金を貸す側が借りる側をしっかり調べる(審査する)ように、借りる側も貸す側の身元をしっかり調べて、安心な所から借りましょう。
会社について安全だと判断したら、あとは、複数の中から金利や返済方法などを比較検討して、一番便利で、総合的にメリットがある会社に申し込みをしましょう。